ご利用案内 お問い合せはこちら サイトマップ

                 

2年目と3年目の教材の説明

2年目プログラムはどんなことをするの?

掛け算の歌CD、掛け算カルタ、図形シート・マグネットボード、木製20面サイコロ等新たな教材が加わります。

図形シートとマグネットボード

幼児教材

手は「第二の脳」と呼ばれています。

お子さまの知的な成長を促すために、指を使うことはとても重要です。

図形シートはマグネットになっているので、小さなお子さまがボードの上で楽しく自在に図形遊びができるようになっています。

図形シートで楽しく図形遊びをすることで、指先能力が飛躍的に向上し、

指先も大変器用になります。

また、図形ピースはさまざまな形で構成されているので、三角・四角・円の合成を感覚的に養うことができます。

この図形シートで沢山遊んであげることで、お子さまは自然に図形と図形との関係を理解するようになります。

小学校や中学校で出題される図形問題の感覚を養うことができるので、図形が非常に得意な子に育ちます。

・「楽しい算数」では掛け算や時計の読み方をやります。

・積み木で遊びながら立体図形も得意にしていきます。

・漢字は2年目と3年目のプログラムで、小学校6年間に習う漢字を読めるようにしていきます。

・ことわざプリントでは「生き抜く知恵」を身につけます。

3年目プログラムではどんなことをするの?

思考力・論理力・空間認識能力を育成するオリジナル積木、速読トレーニングセット、百人一首カルタや図形パズル、割り算紐ドリル・割り算の歌CD等の教材が加わります。

・記憶法のペグ法・リンク法をマスターします。

・本格的な速読の訓練をやります。

・楽しい算数では割り算と「19+8+17+9」が暗算できるくらいの計算能力。

・20×20までの掛け算を瞬時に答えられるように、遊びのような取り組みをやります。

・百人一首をすべて覚えます。


楽しい育児クラブでは1年目と2年目プログラムで徒然草や平家物語など代表的な古文の暗唱・音読をやりますが、一首ずつ完結するということにおいて、百人一首は幼児の擬古文入門として最適です。

★3年目には小学漢字1006字が正しく書ける特別CDーRが付きます。

イメージ力を使った取り組みなので、1〜3回やっただけで漢字を覚え、書き順も正しく書けるようになる特別教材です。しかも、はねるべきところははね、止めるところはきちんと止めて書けるようになります。

ページトップへ