ご利用案内 お問い合せはこちら サイトマップ

                 

語りかけ

「語りかけ」

乳幼児の教育で何をもっとも優先させるべきだと思われますか?

それは「語りかけ」です。

語りかけをすることは、言語能力や知能を高くすることはもちろんのこと、情緒、社会性に優れた子を育て、なにより親と子の心の絆も深めてくれます。

親が「プラス言葉」を語ることで、自然と自己を肯定する感覚を持つことができます。結果としてプラス思考になり、精神的に非常にタフな子に育ちます。

この自己肯定感が、チャレンジ精神を生み、どんな困難もプラス思考で乗り越える原動力となるのです。

意識していなくても、あなた自身も育ててくれた親の言葉に影響されています。

親の言葉というのは、良きにつけ悪しきにつけ子どもの人生に大きく影響を与えます。

幼いうちから聞く言葉、語りかけられた言葉が、子どもの思考の土台となります。

子どもには「あなたはダメな子ね」とか「本当にあなたはバカな子ね」「下手ね」「つまらない子ね」などのけなすような言葉を使うことは絶対にやめましょう。

いつも子どもを励まし、ちょっとしたことも認めて、上手にほめましょう。

「言葉」はあらゆる力(才能)を生み出す基本です。

「語りかけ」は、お母さまが一方的にペラペラしゃべればいいのではありません。ただ「言葉」を教えればいいのだというものでもありません。

正しいやり方でなければ効果はありません。

楽しい育児クラブのプログラムは、五感を使い、漢字を使いながら「語りかけ」をしていきます。

「絵本」について

ページトップへ